ケーブルでつながる。家族がつながる。

               フリーコール 0120-21-2647 受付時間 9:00~19:00 (定休日/日曜日)

25番ポートブロック(OP25B)

OP25B(メール送信規制)について

動的IPアドレスからCCSNET外に送信されるメール送信を規制します

OP25B(Outbound Port 25 Blocking)とは、迷惑メールを減少させる為に、ウイルス感染者や迷惑メール送信業者が、自分のPCまたはサーバーから故意あるいは無意識に行うメール送信を規制する対策です。

具体的には、動的IPアドレスを保持するユーザーがメールを送信する際に、CCSNETのメールサーバーを経由せず、自作サーバー等から直接メールを送信した場合、迷惑メール送信規制技術の一つである「OP25B」を用いて送信を規制します。

※自メールサーバーから他ISP、ASPのメールサーバーへの送信規制は2019年3月より順次実施します。

 

SMTP-AUTH(587番)提供

OP25B(アウトバウンドポート25ブロック)を実施しているCCSNET以外のプロバイダーの接続回線より、CCSNETのメールサーバーを利用してメールを送信する場合に、SMTP-AUTH(587番)を使用してメールの送信が可能です。

SMTP-AUTH(587番)の設定

ご利用のプロバイダーのOP25B規制実施の有無については、ご利用のプロバイダーにお問い合わせください。

■ 「△△△@ccsnet.ne.jp」「△△△@m2.ccsnet.ne.jp」のメールアドレスが対象になります。

 

FAQ(よくある質問)

25番ポートブロック(OP25B)について

「OP25B」または「25番ポートブロック」とは何ですか?
25番ポートとは何ですか?
何をすればいいですか?
なぜ25番ポートブロック(OP25B)を実施するのですか?
実施するメリットは何ですか?
実施することで迷惑メールの受信は減りますか?
実施することで何か影響はありますか?
影響を受ける対象は何ですか?
25番ポートブロック(OP25B)の影響でメール送信ができなかった場合、どのようなエラーメッセージが表示されますか?
他プロバイダに接続し、CCSNETのメールを送受信していますが何か影響を受けますか?
CCSNETの「CCSクラウドメール」を使用していますが、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けますか?
他プロバイダやポータルサイト(Gmail、Yahoo!メール等)が提供しているWebメールを利用していますが、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けますか?
25番ポートブロック(OP25B)をいつ実施するのですか?

 

25番ポートブロック(OP25B)の影響を受ける場合

他プロバイダ等CCSNET以外のメールサーバーを利用している為、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けます。どのように対処したら良いですか?
ダイナミックDNSを活用してメールサーバーを設置・運用していますが、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けますか?

25番ポートブロック(OP25B)について

Q.「OP25B」または「25番ポートブロック」とは何ですか?

「OP25B」は「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」の略で、迷惑メールの送信を防止する対策の1つです。
メールを送信する際、プロバイダが提供する送信用メールサーバーを経由せずに直接インターネットにメールを送信する通信を遮断します。

Q.何をすれば良いですか?

現状「△△△@ccsnet.ne.jp」「△△△@m2.ccsnet.ne.jp」を問題なく利用できている方は、特に変更は必要ありません。そのままご利用いただけます。

Q.25番ポートとは何ですか?

インターネット上でのメール送信のプロトコルに国際標準で割り当てられた識別番号です。
データ通信には、通信されるデータがメール送信なのかホームページ閲覧なのか等を識別するために、識別番号が割り当てられています。その識別番号をポート番号といいます。
メール送信には一般的にTCP25番ポート(Port25)が割り当てられています。

Q.なぜ25番ポートブロック(OP25B)を実施するのですか?

セキュリティを強化し、迷惑メールの送信を防止するためです。
近年、プロバイダが提供する送信用メールサーバを経由せずに、ウイルスメールや迷惑メール、フィッシングメールなどが多数送信されるようになり、非常に深刻な問題になっています。
これに対しCCSNETでは、お客さまおよびインターネット利用者の安全の向上をはかるため、他プロバイダと協調しながら指定した送信用メールサーバ以外からのメール送信をブロックし、インターネットのセキュリティ全般を高める25番ポートブロック(OP25B)を実施します。

Q.実施するメリットは何ですか?

迷惑メールやウイルス被害の拡大防止に効果があります。
特にお客さまが知らない間にウイルス発信の加害者になったり、大量送信メールの発信者になってしまうことを未然に防ぐことができます。
また悪意をもった利用者が匿名で大量に迷惑メールを発信することを防ぎ、迷惑メールやウイルスメールの拡大を抑止することができます。

Q.実施することで迷惑メールの受信は減りますか? 

残念ながら、25番ポートブロック(OP25B)はお客さまが受信される迷惑メールを直接的・即効的に減少させるための対策ではなく、インターネット上の迷惑メールの数を減少させるための対策の1つです。

Q.実施することで何か影響はありますか?

CCSNET以外の送信用メールサーバをご利用の一部のお客さまにおいて、メールが送信できなくなります。
対象となるお客さまへはご不便をおかけすることがあるかと思いますが、なにとぞご理解いただきますようよろしくお願いいたします。
なお、25番ポートブロック(OP25B)にて制限されるのはメールの「送信」のみであり、「受信」については影響ありません。

Q.影響を受ける対象は何ですか?

CCSNETの送信用メールサーバ以外の送信用メールサーバを利用されているお客さまが対象になります。

影響がでるお客さま
CCSNETの接続サービスをご利用で以下の条件にあてはまるお客さまは、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受け、メールの送信ができなくなる場合がありますのでご確認ください。
・他プロバイダの送信用メールサーバを利用している場合
・他社ホスティングサービスを利用している場合
・会社や学校等の送信用メールサーバを利用している場合
・自宅でメールサーバを運用し、そのメールサーバから送信している場合

25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けないためには、CCSNETの送信サーバーを使用していただく必要があります。詳しくは以下のFAQをご確認ください。
Q:他プロバイダ等CCSNET以外のメールサーバーを利用している為、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けます。どのように対処したら良いですか?

Q.25番ポートブロック(OP25B)の影響でメール送信ができなかった場合、どのようなエラーメッセージが表示されますか?

メールソフトによって表示は異なりますが、「Outlook」では以下のようなエラーメッセージが表示されます。

エラーメッセージ例) Outlookの場合

「タスク ‘xxx@xxx.xxx – 受信中’ でエラー(0x800CCC0F)が報告されました: ‘サーバーへの接続が中断されました。この問題が引き続き発生する場合は、サーバー管理者かインターネットサービスプロバイダー(ISP)に連絡してください。’」

Q.他プロバイダに接続し、CCSNETのメールを送受信していますが何か影響を受けますか?

なお、CCSNETでは、メールソフトのアカウント設定にて送信ポートをサブミッションポート(587番ポート)にて利用いただいております。
25番ポートブロック(OP25B)を実施済みの他プロバイダから接続した場合でも、影響を受けることはありません。

 

Q.CCSNETの「CCSクラウドメール」を使用していますが、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けますか?

CCSクラウドメールを利用している場合は、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けることはありません。

 

Q.他プロバイダやポータルサイト(Gmail、Yahoo!メール等)が提供しているWebメールを利用していますが、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けますか?

Webメールを利用している場合は、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けることはありません。(Webメールは25番ポートを利用しない仕組みのため。)

 

Q.25番ポートブロック(OP25B)をいつ実施するのですか?

CCSNETでは、2019年3月に25番ポートブロック(OP25B)を実施予定です。

 

 

25番ポートブロック(OP25B)の影響を受ける場合

Q.他プロバイダ等CCSNET以外のメールサーバーを利用している為、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けます。どのように対処したら良いですか?

〔回避策〕 メール送信の利用ポートを25番ポート以外へ変更する。
ご利用のメールサービス(他プロバイダ、ホスティングサービス、会社や学校等)において、送信用メールサーバがサブミッションポート(587番ポート)や「SMTP over SSL(465番ポート)」のポートに対応している場合、これらのポートを利用することで送信できるようになります。
サブミッションポート(587番ポート)等の対応状況やメールソフトの設定変更方法については、ご利用のメールサービスの提供元へお問い合わせください。

Q.ダイナミックDNSを活用してメールサーバーを設置・運用していますが、25番ポートブロック(OP25B)の影響を受けますか?

メールの送信ができなくなります。

〔回避策〕 CCSNETの送信用メールサーバを利用する。
CCSNETの送信サーバを中継してメール送信を行うように設定を変更します。

なお、お客さまにて設置・運用されているメールサーバの設定方法につきましては、サポート対象外となります。
設定方法はお客さまのサーバの管理者へご確認ください。

 

PageTop